ラブライブの南ことりコスプレイヤーのアドバイス【衣装に使われている布は良いものを選ぶ】


S監督

コスプレイヤーモヨコさんに、
初心者がコスプレを楽しむために必要な事を聞いてみたよ!

プロフィール

コスプレイヤーデータ
HN:モヨコ
年齢:24歳
身長・体重:162・58
職業:家事手伝い
現在の趣味:コスプレ、ロリィタファッション、洋裁、一眼レフ。
コスプレにかける予算:20000円まで。
コスプレ歴:4年
オススメの化粧品ブランド:キャンメイクは安くておすすめです。
現在お気に入りの美容品:特にありません。
ダイエット:ダイエット目的ではないのですが、健康維持のためZUMBAをしています。
お気に入りの普段着洋服ブランド:リズリサ、AngelicPretty、ToAliceなどの甘めのお洋服が大好きです。

モヨコさんが最近コスプレした作品・キャラ

ラブライブの南ことりのコスプレをしました。

ラブライブに出てくるキャラクターはみんな大好きなのですが、特に好きなのがことりで、あの女の子らしさは一人の女として尊敬しています。

今コスプレしたいキャラ

デスノートの弥海砂です。

作中での立場上、海砂はわがままで自己中心的な態度が強く描かれてしまっていますが、作中のキーアイテムであるデスノートに出会うまでのエピソードを聞くと本当は明るくて、家族思いの優しい女の子だとわかります。

そんな彼女の性格的な魅力と、ファッションが大好きで最近少しずつコスプレの準備をしています。

その他映画など好きな作品とその感想

セーラームーンも好きです。

作中に出てくるアイテムや世界観が乙女心をくすぐり、今でもグッズを集めてしまうほどです。

キャラクター達も日常的なやり取りから、セーラー戦士になったときの戦いまできちんと描かれていて、一人一人に感情移入がしやすかったです。

モヨコ流、コスプレをしていて工夫している点やコツ

女性でミニスカートを履いているキャラのコスプレをするときは、脚を長く見せるためにギリギリまで短いスカートを選ぶようにしています。

しかし露出対策も大切なので、その分きちんとした対策もしています。

また衣装に使われている布が安っぽいと、写真写りも悪くなってしまいます。

そのため私は、

お値段は張りますができるだけいい布を使った衣装を購入しています。

そのほうが写真に撮ったときにビシッと決まることが多いからです。

他にもコスプレをする際にパーツが多い衣装だと撮影中に取れてしまったり、ひどいときにはなくしてしまったりすることもあるので、撮影中にときどき鏡を見てパーツを確認しています。

こうすると、取れそうなパーツももう一度付け直したりできるので、写真を見た時にパーツが無くなっていることに後で気が付くリスクが減ります。

おすすめ衣装

モヨコ的コスプレにかかせないオススメの便利グッズ

やはり安全ピンは絶対に欠かせません。

撮影中にパーツが取れたり、壊れたりするときにすぐ簡単に直せるからです。

撮影するカメラマンさんとのLINE事前打ち合わせは重要


好きな構図は私はあえて顔を写していない雰囲気写真が大好きです。

こういった雰囲気写真は、衣装の細かいところまで写せるし、SNSのヘッダーなどに使いやすいのでオススメです。

野外だと天候が気になるので、基本的には屋内での撮影が好きです。

スタジオだったら照明器具や小物をたくさんレンタルできるところを選ぶようにしています。

事前にLINEなどで打ち合わせをし、お互いの意見を取り入れながら撮影できる、そんなカメラマンさんが好きです。

ポーズ指定や、表情のアドバイスがうまいカメラマンさんがいました。
実際に写真を撮る人が指示してくれることで、結果的には盛れてる写真も多いので、そういう指示がうまい方はとても印象に残っています。

最後に貰える写真がどれもバッチリきれいだとテンションが上がりますね。
でも撮影中、カメラマンさんとの雰囲気が悪いとただ辛いだけになってしまうので、結局は撮影中に楽しい気持ちになれると最高だと思います。

S監督

コミュニケーションをしっかり取ることが重要なのですね。
喜ばれるカメコになるために

コスプレデビューする人はカメラマンとの個人撮影からやってみては?


いきなりイベントに行くとマナーやルールなどがわかりにくいこともあるので、まずはカメラマンさんとの個人撮影がオススメだと思います。

そのほうがカメラマンさんからポーズや表情の指示を直接受けることができるので、カメラにも慣れやすいです。

最近はツイッターでも気軽にカメラマンさんと知り合えるので、撮影してほしいカメラマンさんがいたら相談してみてもいいかもしれません。

もちろん個人撮影とはいえ、使用するスタジオやロケ先でのマナーはよく調べておきましょう。
わからないことがあったらスタッフに聞いてみるのが一番です。

また、イベントもコミックマーケットのように色んなカメラマンさんから撮ってもらうものもあれば、同行してくれるカメラマンさんを募って一緒に参加するようなイベントもあります。

コスプレに慣れるためにも最初はじっくりと撮影してもらった方がいい場合が多いので、イベントも後者のタイプを選んだ方が楽しみやすいです。

もちろん前者のような大きなイベントも、一緒に行ってくれるカメラマンさんと参加している方もいるので、自分に合った形で参加してみるのがいいかと思います。

モヨコ的、ムダ毛処理脱毛事情

今まではカミソリでの処理を行っていましたが、最近は家庭用脱毛器の購入を考えています。

理由は処理をする時間が面倒なのと、家庭用脱毛器なら自分のペースで脱毛ができると考えたからです。

やはりコスプレする上では、ムダ毛は極力お手入れした方がいいと思います。

コスプレ脱毛おすすめ

初めての大型併せ【衣装を違うものにするというルール】

私が初めて参加した大型併せは、あるキャラクターの誕生日をお祝いするための企画でした。

参加者は全員そのキャラクターをコスプレいますが、一人一人衣装を違うものにするというのがルールでした。

そのキャラクターは色んな衣装を着ているアイドルキャラで、衣装の中にはケーキをモチーフにしたものがありました。

私はその衣装を着て、その併せに参加することを決めました。

衣装は既製品のものを買ったためクオリティもばっちりでした。

しかしウィッグの前髪のカットを失敗してしまい、当日までにウィッグのカットやセットをやり直すことができず、そのまま参加してしまいました。

参加していたレイヤーさんはみんな優しく、一緒に写真を撮ってもらったりお話したりできましたが、撮影後に渡された写真のデータを見ると自分だけウィッグの形がちがうので、すごく後悔しています。

せめて目立たないところが失敗していたらよかったのですが、前髪という大事な部分をミスしてしまったので写真を見るたびに楽しかった思い出と悔しかった気持ちを思い出してしまい、複雑です。

ぜひ次やるときはきちんとウィッグにこだわり、楽しく撮影したいと思います。

おすすめウィッグ 初心者コスプレイヤーオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です